だめもとで パートⅡ

今年のバレンタインデーは授業日ではなかったため、12日土曜日のおけいこ時に渡しました。

来なかった生徒には、15日火曜日に。
再び、だめもとで、受け取った後の選択肢を伝えたわけですが、小学1年生の女の子が、「2」の選択肢を選んでくれました!なんと、今年は4人も!!

この喜びをエネルギーに変えて、また楽しくおけいこしたいと思います。

私を喜ばせようと、小さいながらも気をつかってくれて、ありがとうございます。

だめもとで パートⅠ

今年のバレンタインデーも、生徒の皆さんにちょこっとだけ、チョコを用意しました。

いつも通り、授業終わりに、
「受け取ったらひとこと、
いち、 ありがとう
 に、  せんせい、だいすき
    どちらか言って、受け取って下さい」

毎年、だめもとで言っているわけですが、今年はなんと、3人も、2番の選択肢を言ってくれました!

とてもハッピーなひとときを過ごしました♪

 

卒業生の訪問 ~高校3年生

6年前、教室を卒業した高校3年生のリサさんが、大学合格の報告に来てくれました。

小学生の時から、優しい声で穏やかなところは変わらず+とてもきれいな女の子に成長していました。

時間は全然大丈夫です、と、当たり前のように、1時間後輩たちの採点の手伝いをしてくれました。準4段で卒業した彼女ですから、私も安心して任せられます。

3月に、また来て良いですか?
もちろん!先生、楽しみに待っていますよ♪

受験勉強がやっと終わり、ほっとして楽しむべき時間に、教室や後輩たちの事を思い出してくれて、ありがとうございます。

クリプトⅡ

検定試験が終わったばかりの3部の授業は、クリプトで気分転換です。

9  15  1  19  17

上の5つの数字を使って、「16」を作る
どの数字も1回ずつ使用すること
かける・わる・たす・ひく どれを使っても良い

いかがでしょう。挑戦してみて下さい。

初日の出 &12/10クリプトⅠの答え

新年明けましておめでとうございます
皆様にとって、穏やかで良い年になりますように

今年も、とても素敵な初日の出を見ることが出来ました
5チャンネルに感謝感謝です

さて、12月10日に投稿した“クリプト”の答えですが、

14  9  1  6  20

上の5つの数字を使って、「5」を作る
どの数字も1回ずつ使用すること
かける・わる・たす・ひく どれを使っても良い

たまたまめくったカードは、この順番で出てきました
14×9=126 6×20=120
126-120-1=5

トランプでも、ご家族で楽しめると思います
よかったらお試し下さい

痛いの痛いの、飛んでいけ~

こんな日も珍しいのですが、昨日のおけいこ時、2度も、この“おまじない”を使いました。

一度目は、1部に来た小学1年生の女の子に。
そろばんが楽しくて仕方ないらしく、イスに座って足をパタパタ。机にぶつけてしまいました。

二度目は、2部に参加した小学1年生の男の子。
お腹が痛い、とさすりながら来ました。お母さんは知ってるとのこと。

「よーし、じゃあ先生がおまじないしてみよう」

洋服の上から、コロナ禍なので手を除菌して、昔、母や祖母がしてくれたように、優しく優しくさすりながらこのおまじないを唱えました。

そうすると、不思議なことに、二人とも、
「痛くなくなったー」とにこにこ笑顔になりました。

おかげで私も、笑顔になりました。

クリプトⅠ 数字あそび

検定試験が終わったばかりの12月2日と7日の3部のおけいこは、クリプトを行いました。息抜きのつもりでしたが、真剣勝負となりました。

この問題は、授業中幾つか解いた問題の中の一つです。

14  9  1  6  20

上の5つの数字を使って、「5」を作る
どの数字も1回ずつ使用すること
かける・わる・たす・ひく どれを使っても良い

いかがでしょう。挑戦してみて下さい。

ちなみにこのクリプトは、故意に数字を選んで並べるのではなく、数字が書かれたカードを裏返しにして、偶然出た数字で楽しむもの。

 

 

ちょっといいこと。2021ハロウィン♪

今年はやります、ハロウィンイベント♪

10月31日はおけいこがないので、その前日の土曜日に行います。コロナ禍の今は、個包装されたお菓子を、ビニール手袋をして、生徒の皆さんに配ります。

土曜日に来られない子の分は、ちゃんととっておきますから、安心して下さいね

以前は、一人一人、子供たちの口に直接入れていました。
おけいこ終わりのごほうびにしていたので、子供たちに直接手で取らせるには、衛生上好くない、かと言って全員に手を洗わせるには時間がかかる、という理由から、私が手を除菌してまとめてあげていた訳ですが、これが思いのほか、私にとっても、とても楽しいイベントになっていたんです。

私の方は、「はい、どうぞ」という意味のホレ のイメージだったのですが、子供たちは皆、「あーん」 と受け取っていたようです

小さな子たちは、皆、上手に口を開けます
反抗期の子は、少し抵抗はするものの、お菓子欲しさに口を開けます
大きな子たちは、恥ずかしそうにしながらも口を開けてくれます

このイベントは、15年前に始めました。すでに成人し、社会で活躍しているこうたろうくんが、小学1年生の時、学校帰りに顔を出し、
「せんせい、おかしちょうだい!!」と言ったことがきっかけでした。
「???」突然でどうしたのか驚いている私に、ハロウィンだよ、
お菓子くれないといたずらする、の言葉に、
それは大変!!!と。

なくなったイベントもありますが、このように、かたちを変えて続けていけるものが増えると私も嬉しいです

 

 

長女が結婚することになりました

教室の一期生の女の子が、結婚することになりました。

「先生、報告があります。」
そう聞いたのは、先月半ばのこと。

そして昨日、彼と共に、挨拶に来てくれました。

小学2年生から中学3年の8月まで在籍し、段位を取得し卒業。
その後、高校から大学にかけては、指導の手伝いをお願いしました。
そう、とても長い間、彼女の成長をそばで見させてもらい、また私を助けてくれました。

きっちゃん、ご結婚おめでとうございます。
これからも先生、勝手に、見守らせてもらいますね。

幸せな報告をありがとうございます。

“きょうだいげんか”しそうになったら、そろばんしてごらん

“きょうだいげんか”しそうになったら、あなたが下の子に「そろばんしよう」って提案してごらん。

小学4年生の子にそう話したのは、夏休みに入る直前のことでした。

ある日二人が、教室に来てすぐにテキストを出し採点を求めたので、
「あ、けんかしそうになったの?」と聞くと、「うううん」首を横に振りました。

けんかしそうになっていないのに、家でそろばんをしてきたとのこと。

嬉しくて、いっぱいいっぱい 褒めました。

 

プライバシーポリシー © 2019 大塚珠算教室