そろばん学習の効果

そろばん学習によって、こどもたちのさまざまな能力を向上させることが、多くの知識者により証明されています。
科学的な分析では、次の6つの能力アップに驚異的な効果を上げると言われています。

  1. 集中力(しゅうちゅうりょく)
    「指先は外に出た脳」と言われ、指先トレーニングによって、集中する力を育てます。
  2. 発想力(はっそうりょく)
     問題解決、発想などの「ひらめき」の思考回路を、最短距離で結ぶ能力が開発されます。
  3. 記憶力(きおくりょく)
     暗算学習により、長時間失われない珠算式計算力(右脳の働き)が身につきます。
  4. 洞察力(どうさつりょく)
     注意深く数字を読み取る練習が、洞察力の原点です。
  5. 情報処理能力(じょうほうしょりのうりょく)
     コンピュータの発達で、膨大な情報量が社会を行き交っています。
     そろばん学習によって、数情報の処理能力が身につきます。
  6. 速聴・速読能力(そくちょう・そくどくのうりょく)
     読み上げ暗算では、速聴をトレーニングします。
     これは社会人としての必須能力でもあります。

学校の勉強は左脳中心のため、偏ってしまいがちです。また、人間は年を取るにつれ、左脳だけを酷使し、右脳を使わなくなると言われています。そろばん学習は右脳を育て、脳全体を活性化します。