大塚珠算教室の特徴

指導方針

1人ひとりの進み具合やレベルに合わせた指導

年長さんや低学年のお子さんには、数やそろばんに親しみやすい指導、3級以上の上級者にはより高い目標を設定して向上心を高める指導を行うなど、1人ひとりの進み具合やレベルに合わせて指導しています。

右脳を使ってイメージ処理する「そろばん式暗算」を指導

そろばんの指導と併せて、頭の中でそろばんの珠を動かし計算する「そろばん式暗算」を指導しています。「そろばん式暗算」を習得することで、暗算力、計算力が飛躍的に向上し、算数の成績の向上が期待できるだけでなく、教室を卒業した後も「日常生活に使える暗算力」が身につきます。

社会に適応できるバランスのとれたお子さんを育成

園児から中学生まで、同じ教室でおけいこすることを通じて、大切な挨拶、助け合い、我慢、上下関係の関わり合いといった集団の中での個人のあり方等を必要により個別に又全員に対して指導することで、個性的で社会に適応できる少年・少女の育成に努めています。

検定試験

当教室は全国珠算教育連盟 正会員指導教場です。
普段おけいこしている教室で、1級までの検定試験を受験出来ます。
段位検定試験からは、埼玉珠算会館(さいたま市大宮区)で受験していただきます。

活動実績

•段位取得者を毎年多数輩出、社会に出て通用する珠算技能の取得を目指しています。(段位取得者はこちら
•小学3年生以下で、珠算・暗算3級以上の合格者は、毎年行われる全国珠算教育連盟埼玉県支部主催の『優秀生徒表彰式』に招待されます。
•ボランティア協力校として、さいたま市内小学校の3年生時の算数(そろばん)の授業に協力しています。

『三室おぶさと教場』(さいたま市緑区三室)

現在、段位取得者を筆頭に、高校1年生から年中さんまで、9校の生徒さんが通っています。
かけざん九九の習得のために、月に一度、かけざん九九認定テストを行っています。

『別所教場』(さいたま市南区別所)

現在、段位取得者を筆頭に中学3年生から年中さんまで、22校の生徒さんが通っています。