かけざん九九

かけ算九九は、小学2年生で習いますが、その後は好き嫌いによって差が大きくなっているように思います。
全国珠算教育連盟では、9級から、そろばんでかけ算の練習を始めます。8級では、わり算が出てきます。
このように、かけ算九九はそろばん学習にとって必要不可欠、ぜひ早いうちから、正しいかけ算九九を覚えてもらいたいと願っています。

かけざん九九認定テスト

三室おぶさと教場では、月に一度、かけざん九九認定テストを行っています。
制限時間は2分30秒。正解数により取得級、段位が決まります。合格者には当教室から、認定証をお渡ししています。

 学習の成果

目に見えて大きく変わってきたのは、①わり算がわりきれるようになった、②かけ算のまちがいが減った、など、瞬時に正確な九九が出るようになり、計算上のケアレスミスが減ったことです。中には、かけ算九九をきっかけに、かけ算・わり算に自信がつき、そろばん力がぐーんとのびた人もいます。

学習目標

①競争相手は自分自身、毎回自分の記録を更新すること。
②100題を超えることを目標に日々努力すること。 100題を達成したら、今度は
③200題全問達成の‘かけ算九九博士’を目指すこと。

成績上位者

第1位 229題
大橋 香春(三室中2年)
第2位 209題
濱中  心 (三室小6年)
第3位 200題
小西 愛香
原田 夏美
安形 理紗
矢部 菜月
第7位 199題
永田 純菜
原田 幸菜
大﨑 瑠海
永田 怜菜
第11位 198題
永田由里菜
濱中 美葵
平成31年3月現在
※卒業生の挑戦、お待ちしています♪

200題達成感想文

大橋 香春(現役生・三室中2年)

小西 愛香(卒業生)

上達のコツ

一例をあげますので、参考にしてください。
「ふだん目にあたる所に九九表をはって覚える(トイレ・お風呂等)。」「口に出して言う。」「ひたすら暗記する。」...
一通り覚えた人は、「九九を逆さから言えるようにする。」「家族に、ランダムに問題を出してもらう。」
中には、「自分で九九表を作った。」という人も。九九の得意な人は、それぞれに工夫しているようです。

みなさんの記録更新を応援しています!